欲しい道具をカテゴリーから探す

お客様と同じ目線で剣道具を作っています。

こんにちは。栄光武道具の間所と申します。
私たち栄光武道具のスタッフは、自らが日々剣道を修錬し、剣道具を愛する人間であります。だからこそ、お客様と同じ目線で剣道具を見ることが出来るので、ご相談いただければどんな些細なことでもお答えいたします。
また、商品の品質にも絶対的な自信を持っておりますので、万が一品質に疑問がありましたら全力で対応させていただきますし、それでも満足できない場合には責任をもって全額返金させていただきます。どうぞ安心してご利用ください。

社長一押し! おすすめ 剣道防具・剣道具


新商品情報


安心のアフターケア

最新情報

スタッフブログ最新更新

◆栄光武道具オリジナル 「TONBO防具袋・竹刀袋」発売! ~蜻蛉防具袋・竹刀袋~
| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!最近突然気温が下がりましたね。体調には気をつけてください(*^_^*)

と言いつつ自分が体調を崩してしまいました(>_<)


本日はいくつか雑誌に広告を出させて頂いているのですが、新商品のご紹介です!
蜻蛉の防具袋・竹刀袋です。

蜻蛉の名前を語るぐらいなので何と言っても使いやすさバツグンです!
詳細の前に広告を画像でご覧下さい。

tonnbo.jpg

発売記念価格で上記の価格となっております。
今後の価格は未定ですが、
定価を設定するとキャリー20,000円・ライト12,000円・竹刀袋10,000円ぐらいになると思います。

bougu2-b.jpg

素材は軽くて丈夫なPU。中身を守るために生地の中にウレタン入れています。
移動時に中身が崩れないように生地の表と裏を張り合わせるボンディング加工!


まずは防具袋の共通仕様から説明します。

poket-b1.jpg
フロントのエナメル加工ポケットは厚さはないものの、ビッグサイズなので大会パンフレットや手拭いや名札など
あまり丸めたくないものを入れるのがおすすめ。ちなみにサンダルぐらいの幅なら余裕で入っちゃいます。


poket-b2.jpg
そのフロントポケットはファスナー一周で取り外しが出来ます。なんのためかというと...

poket-b3.jpg
取り外すことによって刺繍ミシンの大きな枠が取り付けられるのでこのような大きな刺繍を入れる事が出来ます。
写真のような刺繍で大体別途2,000円ぐらいです。


inpoket1.jpg
トップカバーはこのように大きく開く事が出来ます。出し入れが楽なのは以外と嬉しいポイント(^・^)


inpoket2.jpg
カバー裏のメッシュポケットにはこのように市販の除湿シートを入れる事で稽古後の汗を取ってくれます。
家に帰ったら剣道具は外に出してくださいね。


inpoket3.jpg
こんな感じで剣道着や袴を入れる事も出来ます。汗をかいた剣道着ができるだけ防具につかないように...
もちろん上の除湿シートを合わせて使って頂いても大丈夫です!


inside1.jpg
中のポケットもメッシュ生地。ここにはお手入れ用品やサポーターなどの小物を入れておくと便利です。
写真の迷彩のクラッチバッグはここの製品です。 http://enn-inc.com/elw お気に入りです(^・^)

jya-ji.jpg
フロントポケットの反対にはバックポケットが!ここはマジックテープのポケットになっているので、
すぐに取り出したいものを入れたい。あんまり物を入れすぎると担いだ時に邪魔になるので注意。

kuuki.jpg
下のはじには空気穴があります。こんなに小さくてもあるとないでは大違い!


ここまでが防具袋の共通仕様。



ではキャリーの特徴にうつります!!


carry1-b.jpg
このタイプの防具の問題は負い紐!
担ぎやすい長さにしておくと写真のように負い紐が地面に付いてしまう事があります。
キャリーが便利な分結構なストレス。中には負い紐を取ってしまっている人もたまに見かけます...そこで

carry2-b.jpg
このキャリー側についたクリップで負い紐を止めましょう!そうすれば...

carry3-b.jpg
このように防具袋に負い紐がフィットして下につきません! アンダーがスタンド!<(_ _)>

motite.jpg
キャリー付近に持ち手があります。本当はよくないのですがキャリーを使っていて階段なんかがあると、
ついついキャリーの取っ手を肩に担いじゃったりするんですよね...
それが原因でキャリーが伸びなくなったり(>_<)
そんな弱点も克服!キャリー使用時に段差なんかがあったらすばやくここを持って移動してください。
そうすれば団体行動の時にみんなに遅れをとることはありません!!


次に普段使いに便利なライトボストン


sentaku.jpg
見てください!ホームセンターで買ってきた普通の洗濯バサミ1つでも落ちない軽さ。
持った瞬間に思わず「軽い!」という言葉が出ます。
「重量弁別能力」ってご存知でしょうか?人間がもっているその物を見たときに重さを瞬間的に判断する能力です。
紙コップに何も入っていないのに、自分は満タンに水が入っていると思っていて持ち上げると
「ヒョイ」って拍子抜けする事ありますよね?あれに近い体験ができます。 
あれは人間の重量弁別能力が...長いですね(*_*)

それぐらい軽いです!!


sentaku2.jpg
一般的に最も軽いと言われているナイロン防具と比べてもこの通り。
もちろんナイロンの防具袋には何も入っていません!(^・^)


最後に蜻蛉竹刀袋いきます!


shinai2.jpg
生地は防具袋と一緒です。やはりボンディング加工されているので竹刀の乾燥を防ぐ効果もあります。
注目は負い紐の位置!通常の竹刀袋の肩掛けの位置よりかなり高い位置にあります。


shinai6.jpg
その結果安心するほどにフィット!体に対して平行に近づくので肩にかけた時に実重量よりかなり軽く感じます。


shinai1.jpg
鍔入れのポケットは取り出しやすく落ちにくいL字型設計。
また持ち手も位置と柔らかさにこだわりました。ちょうど「快適」と感じるバランスと堅さです。


shinai3.jpg
サブポケットはペットボトルが優に入る大きさ。飲み物はもちろん、貴重品やテーピングなども入ります。


shinai5.jpg
横並びに4本入れても竹刀袋の幅は入れていない状態と変わりません。


shinai4.jpg
さらに2本入れてもマチが幅広いので余裕で入ります。見た目はスリムでも大容量!!

ご購入は下のアドレスをクリックすれば専用ページに移動します!


この蜻蛉袋シリーズ!
どれもカッコいい5色が揃って今週土曜日の9月24日から
ホームページでも販売開始です!!
よろしくお願いします!    

>その他の記事を見る