剣闘士トシの最近のブログ記事

解りづらい剣道具の価値

| コメント(0) | トラックバック(0)

剣道具の製造を始めて色々と解ってきた事。

 

1原材料はべらぼうには高くない。

2原材料を入手するのは簡単にはいかない。

3人件費がめちゃかかる。

4作るのがもの凄く大変

5手間の割には価格が安い。

6いっぱしの職人になるには相当な時間が必要

7剣道家のしらない事が山ほどある。

 

私は小学校3年生から30年以上剣道を続けてきましたが、剣道具の事に関してはこの業界に入るまで全く解りませんでした。

剣道具を取り扱う事と剣道をする事は全くの別次元。

剣道が出来る事にこしたことはありませんが、剣道具を扱う上で解らければならない事はどうやって剣道具が出来ているかという事の方が大切だと思います。

 

例えば面金はどんな種類のものがあるのか?取り扱う材料屋さんによってどんな特徴があるのか。

紺反も番手はいくつを使うのか、藍染めの方法がどの様にされているのか。

芯材のフェルトや綿はどの様なものを使用し、どの様な仕込みをするのか。

剣道具を作る順番や作業工程など、知れば知るほど面白くなりますし、また沢山の驚きもあります。

昔の人の知恵と工夫。

こんな事を昔の人は良く思いついたものだ。と感心ばかりします。

現在のカタチになるのには様々な創意工夫があったと思いますので長年を経ても変わらずに、みなさんが思い浮かべる剣道具というイメージの製品になったのだと思います。

 

ただし、だからこそ剣道具はみんな同じように見えますし、なにが良くてなにがそうでは無いのかが解りにくい製品です。

 

タイトルに書いた「剣道具の価値」ですが何処で見分ければ良いでしょうか?

 

最初に書いた色々解ってきた事を読み返してみて下さい。

原材料はそんなに高く無い。人件費がかかる。手間の割には価格が安い・・・

こうなると、やる事は自ずと決まってきますね。

安い原材料で、手間のかからない様に、誰にでも出来る仕事にする。

という事になります。

 

こうすれば価格に合う剣道具が出来ます。

でも、全然使えない駄目な物か?というとそうではありません。

これでも皆さんが考える剣道具というものになっていますし、使用する事も勿論可能です。

剣道具のカタチになっていてまぁまぁ使える。という剣道具ならこれで充分です。

 

でも良いものが欲しいという場合にどういった所をみるといいのでしょうか?

技術的な事でいえば、胸や垂は飾り糸が確りと入っていて指で引っかいても浮き上がらない物。裏を見てパンチの数が多いもの。飾りの糸よりが確りとしていて糸がキッチリと堅くなっている物を見ます。

面は内垂の裏をめくってみて、顎の取り付け部分をチェック。あとは内輪と面布団の間を見て隙間の無い物などを見ます。

あとは、天・地のバランス。甲手は勿論甲手の型、甲手に手を入れるだけではその甲手の良さは解りません。竹刀を持った状態でキチンと自分の力が竹刀の先まで伝わる様な甲手でなくてはいけないと思いますし、また単に薄く作った甲手というのも防具とはいえないと思います。

 

剣道具の見方は別に詳しく書いていこうと思いますが、なるべく沢山の防具を見て下さい。

 

手間を省いて作った剣道具か、そうでは無いかは直ぐに解る目を持てると思います。

 

私が文章で説明することも難しい剣道具選びなのでやはり色々なお店に行って様々な剣道具をみる事とお店の人に沢山質問するのが良いと思います。

 

最近では見た目を大きく変えて他の剣道具との差別化を図った剣道具も良く見受けられます。おそらくその様に良い剣道具の説明がしにくい事もあるのかもしれませんが

善し悪しは別としてどの様に良いのか、作りはどうなっているか?
剣道愛好家の方も色々リサーチして頂ければもっと剣道具選びが楽しくなると思います。

 

では、また




こんにちは、栄光武道具の間所です。

今回はちょっとタブーなお話?になるかもしれませんが、剣道具を愛する人達には興味のある事だと思いますのでちょっと書いてみます。

 

長いのでご興味のある方は是非(^^;


タイトルにも書きましたが、剣道具店は誰にでも出来るのか?というお話です。

近年、団塊の世代の引退や世代交代の時期となっています。

もちろん武道具店(剣道具店)も例外ではありません。

実際の所、人工の減少もあり剣道人口も国内では徐々に減衰していく傾向にあります。

昔に比べ剣道具の価格も安価になった事もあり、多く収入を見込めないこの業界は店を閉める店も少なくありません。次の世代は店を継がないという話も結構耳にします。

では、剣道具店(武道具店)は減っているのでしょうか?

最近では、本業を持ちながら副業として剣道具店を営む方が出てきています。

趣味の剣道と剣道具を扱えるお仕事ですので本業が安定していれば楽しいお仕事だと思います。

私も同業者が増える事に関して賛成も反対もするつもりは持っていません。

むしろ切磋琢磨して良い剣道具が世に広まれば良いと考えています。

 

そこで、ちょっと気になるのが【誰にでも気軽に出来る?】という事ですが。

答えはYESです。

 

この業界は特に免許も経験も必要ありません。

 

というのは私の父もそう考え「栄光武道具」を当時創立しましたから・・・

その後は相当苦労の連続でした(^^)

当時の栄光武道具の話はまたの機会にお話しますので本題に戻ります。

 

特に経験もライセンスも必要としないこの業界、だれでも自由に参入する事が出来ます。

幾つかの大きな問屋さんから竹刀・剣道着・袴・剣道具・小物等を卸してもらい、箱と棚だけあれば武道具店の完成です。

 

あとは、知り合いの剣道家に買って頂くか、WEBで綺麗に見せればOK

 

こういった状態ですから剣道具店を開きたいと参入してくる方も結構いらっしゃいます。

 

ところが、多くの剣道具店は大切な事が一つ出来ません。

それは接客でも無く、修理でも無く、もっともっと基本的な事です。

これは小売店だけでは無く問屋メーカーさんにも出来ないメーカーさんもあります。

 

それは剣道具の企画、開発です。

 

胸の飾りを変えてみたり、蜀色を変えたり、面垂の長さを変えたり。

これは企画・開発ではありません。これは仕様の変更です。

 

現在、国内工場とは別に海外工場では日本の問屋さんはOEMとして海外工場に剣道具の製造を委託して生産しています。

 

そこで仕様は注文しますが、素材・材料、型までは指導しませんし、それは完全に現地工場任せです。

あとは宣伝を上手にみせてNEWとか新!的な感じで一般ユーザーや小売店に案内するのが現状です。

ですので小売店からこのカタチで作って下さいとか芯材はこれを使って下さいなどは殆ど無く、問屋さんからの売り言葉をそのままお客様に伝える。といった所でしょう。

これで良ければタイトルにもある様に「誰にでも気軽に出来る」お仕事ですね。

 

という弊社も当初はメーカーさんから剣道具を卸して頂き、お客様に販売しておりました。

次に海外工場のOEM、次に栄光独自の型の開発、材料の吟味。自社工場の設立という流れで今日までやってきました。

現在も竹刀や剣道着等は国内の問屋さんにお願いし、良い製品を選んで卸して頂いています。

 

とはいえ、剣道を10歳から続けてきた私と弟を始め、少なくても高段者と言われる所まで鍛錬を続けてきた栄光のスタッフにはどうしても当時の剣道具では私達の理想とする剣道具まで到達する事が出来なかったのです。

 

私達が一番欲しい剣道具はどんな物なのか?

どうすれば理想に近いものが出来るのか?

理想だけでは無く、お客様に価格的にも品質的にも喜んで頂ける剣道具はどれになるのか?

 

などを考え今回の自社工場の設立という事になりました。

 

反物・革・綿・糸は勿論、新たな型、ミシンの縫いピッチから下糸の強さ、また布団のレイヤーなど拘ればキリがなく、こだわる程に金額の高いものになってしまいますので

コストを押さえながら何処まで良い製品にたどりつけるのか?

など、考えれば終わりはありません。

 

竹刀や剣道着は私達がこんな感じで作って下さい。などを問屋さんにお願いして作って頂く事はありますが、剣道具に関しては他に流れない様にどうしても自社で製造するしかありませんでした。

 

話しは逸れましたが、剣道具店といっても自分で製造から販売までするお店。

問屋さんから卸してお客様に販売するお店。

一部自社で製造して、一部問屋さんから卸して頂くお店。

 

様々な形態のお店があります。

勿論、問屋さんにも得意な分野や不意得意な分野も御座います。

 

ご購入する商品によって何処の剣道具店(武道具店)を利用するなどをお客様も選ばれても良いかもしれません。

 

もっと剣道具業界の事をお客様が理解してご自身にあったものをセレクトして頂ければと思います。

これだけ、情報が手に入る時代です。

謝った意見や知識も時々見る事がありましたので、ちょっと触りだけ業界の事に触れさせて頂きました。

 

では、また



EIKOBUDOGU INC. 

| コメント(0) | トラックバック(0)
久しぶりの投稿です。

この度、栄光武道具のフィリピン現地工場 [EIKOBUDOGU inc.] が立ちあがりました。

今までは栄光武道具の専属工場が別にあったのですが、今年思い切って現地法人として立ち上げる事が出来ました。
職人の皆さんは20年を超えるベテランばかりで、かつては大手メーカーさんや小売店さんの有名な剣道具を製作していた皆さんです。
達と一緒に働いてくれる事、非常に感謝しています。

なぜ、フィリピンなのか?と思いの方もいらっしゃると思いますが、むかし日本から剣道具製造の技術が韓国に渡り
また、韓国から中国、ベトナム、等に移って行きました。
そんな中、親子2代で日本の武道具店で剣道具製造を行っていた人物がフィリピンにいまから30年前に工場を作り
この地で剣道具の製造を始めたという経緯があります。
当時の経営者や工場は現在御座いませんが、大量生産に頼らない確りとした技術が此処にあります。
日本の問屋さんや小売店さんは基本的に中国やベトナムにOEMとして製造を頼むのですが、剣道具業界では
何処の工場で生産しているとは言いません。

しかし、今回の工場は栄光武道具の支社という事なので何も隠しだてせずに皆様に知って頂く事を選択しました。

これによって今まで以上に私達の思い描く剣道具を生み出せます。
当初は此処までのカタチになるんだろうか?という不安ばかりでしたが やっとここまで来る事が出来ました。

立ち上げにあたり一番助けて頂いたのも現地の剣道家の皆さんで稽古を通じて出会った仲間です。

交剣知愛と言いますが、非常に親身になって共に頑張ってくださっています。
御恩に報いる為にも今まで以上に素晴らしい剣道具、素晴らしい会社になるよう、粉骨砕身努力して参ります。

何よりも、沢山のお客様方の支えあっての栄光武道具です。

今後とも栄光武道具を宜しくお願い致します。



ebi3.jpg
↑写真は事務所 兼 店舗です。写真右の大柄の人物はEBIの責任者の北沢GM。
 彼は帰国子女なのでバイリンガルなのは勿論ですが、なんといっても僕の義兄です!剣道の腕は・・・・
 とても優しく楽しい人物なので現地のスタッフにも非常に好かれています。


ebi2.jpg
↑ 工場の中です。実際の生産開始は10日からの予定です。お国柄なのか、ここまで来るのに非常に苦労しました。
  正直、半分奇跡の様です。なにをするにも予定どおりには進まず、かなりのストレスになりますが忍耐力を鍛えるのは抜群の環境です。


ebi1.jpg
↑ 現地製作スタッフの皆さんです。10代の頃から生産して現在27年という方もおられます。
  大変失礼ですが、これほど真面目に一生懸命にやってくれるとは思っていませんでした。改めて感謝と全力で彼等をサポートしていきます。


maniken.jpg
↑ 立ち上げに対し、大変お世話になっているマニラ剣道クラブの皆さんです。
  稽古場は非常に明るい雰囲気のなか真面目に真っ直ぐな剣道をされています。
  私の所属道場「桜南剣友会」ともなにか少し似てる雰囲気です(^^)



まだまだ、これから沢山の課題や乗り越えなければならない壁も沢山ありますが 日本とフィリピンの両方で一丸となり
素晴らしい製品と人間関係を築きながら頑張って行きます。




創業祭大セール

| コメント(0) | トラックバック(0)

お世話になります。
栄光武道具の「創業祭大セール」が今年も始まります!
今回の注目は日本製の剣道具「玄」は勿論ですが


個人的には少年用の「TONBO air」がメチャクチャ良い出来です。
ジャージの生地を使って通気性・速乾性も良くなりましたが
今回の少年用剣道具は大人のカタチを小さくした元来の剣道具と
違ってお子さんの体系に合わせた作りになっております。
いままで不自由な剣道具を使っている事が当たり前だった時代は
この防具で解消します。


身体も小さく力の無い子供にこそ一番フィットする剣道具が必要だと思います。
是非ご覧ください!


また、栄光武道具の代名詞「蜻蛉」シリーズも安価にて手に入れるチャンスです。
人気の「青蜻蛉」「紫蜻蛉」「黒蜻蛉」いづれもセール価格にてご提供致します。
また、汗の多いこの時期。剣道着・袴の買い替えをお考えの皆様には
剣道着・袴のセット(もしくはどれでも2着以上)のお買いもので10%
OFFという嬉しい内容も今回のセールの注目です。

是非、25日~9月16日までのセールにお越しください

宜しくお願い致します


38693308_2031288870236071_7128950446349090816_n.jpg

38686917_2031288876902737_4840505525017772032_n.jpg



最近はまさに三寒四温。もう三月ですが時々訪れる寒さに肩をすくめる日もまだまだありますね。

剣道家はそんな寒さに耐えながら もうすぐやってくる道場の床も冷たくない日を心待ちだと思います

今回、栄光武道具は急遽ではありますが 日々稽古に精進されておられる剣道家の応援として
キャンペーンを行いたいと思います!

新たな剣道具で心機一転、最高の一本を目指しましょう(^^)

※今回のキャンペーン期間は明日の24日(土)~4月8日(日)までです。 
 また、WEB対応になっておりませんのでご注文が電話・FAX・ご来店にてお求めください。
  宜しくお願い致します 

最初に紹介しますのは定番の「竹刀」

道場連盟の大会では「SSP」のシールが張っている竹刀を使用する事がなぜか義無付けられております。

弊社「栄光武道具」も全国武道具協会の会員には入っておりますが、その中に存在する「竹刀部会」なるものが決めたらしいです・・・

ですので栄光武道具も今回より道場連盟の大会にも対応可能な「SSP」シールを貼ってあります竹刀を特化で販売致します

【竹刀完成品】

2.8尺~3.6尺まで ¥1,800(SSPは3.2以上)
3.7尺・3.8尺   ¥2,000(SSPは3.7尺のみ)
3.9尺      ¥2,800



大好評新商品10mm甲手【連山】
人工皮革仕様ですが今回の色合いと品質は抜群に良かったです。
正直 想像以上の出来だと自信をもってお勧めします。

¥9,000  失敗しない買い物商品 NO,1
ssp.jpg
ssp.jpg
ssp.jpg
renzan.jpg

【ジャージ剣道着・ジャージ袴】

最初にジャージ素材の剣道着を見たときには正直こりゃないなぁ。なんて思っていましたが
数年で品質も向上しm、今や八段の先生方も使用するほど市民権を得たジャージ道着と袴です。
速乾・洗濯などの便利さはご存じの通りですが、今回のジャージ剣道衣は色のホツレやバサバサ感が出にくい
素材になっています。そうしてもジャージ生地は繊維の細い糸を使用しているので細かいバサツキが出ていましたが
こちらは比較的少なくなっています。
春から夏にかけてはもはや必需品といっても過言ではないでしょう!

ジャージ剣道着 ¥4,000
ジャージ 袴  ¥5,000

上下セットでご購入ですと ¥8,000 でご提供致します。
ジャージ道着.jpg

ジャージ道着 ¥4,000

dougi_008.jpg

ジャージ袴 ¥5,000



前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

<< 2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

  • アウトレット2014 5mmミシン刺
    • 5mm ミシン刺 面
    • 5mm ミシン刺 甲手
  • アウトレット2014 赤蜻蛉
    • 赤蜻蛉 面
    • 赤蜻蛉 甲手
    • 赤蜻蛉 垂
  • アウトレット2014 面
  • アウトレット2014 甲手
  • アウトレット2014 胴
  • アウトレット2014 垂
  • BAK防具 (2)
  • 蜻蛉防具袋・竹刀袋 (1)

最近のコメント

月別 アーカイブ

QRコードはこちら

剣道具・剣道防具の栄光武道具
オフィシャルサイトはこちら