トップページ  »  剣道用語集  »  黒桟革(くろざんがわ)

用語集

黒桟革(くろざんがわ)

牛革をなめし、多々の工程を経た後、表面に手加工でしぼ(凸凹)を付け漆を塗った手もみクロザン革と、クロームなめし加工を施し、機械の型押しでしぼ(凸凹)を出した型押しのクロザン革があります。 手もみクロザン革は大変貴重で高価な為、通常は型押しクロザン革が殆どになっています。どちらも非常に強靭な革で、胴胸・胴ヘリ・面耳革に用います。十分な役割を果たしています。