トップページ  »  剣道具豆知識  »  剣道具にはなぜ小桜とトンボ柄を使うの?

豆知識

剣道具にはなぜ小桜とトンボ柄を使うの?

「花は桜木・人は武士」と言う言葉があり、桜の散る潔さを美しいと思う日本人の感覚から桜を裏革に使い、「蜻蛉」は別名「勝虫」と言われる様に決して下がらず、真っ直ぐに飛ぶ様も武士の縁起かつぎとして愛されていた事から、裏革に使う様になりました。