トップページ  »  剣道Q&A  »  道衣・袴について  »  道衣、袴の洗濯ってどうすればいいの?

Q & A

道衣、袴の洗濯ってどうすればいいの?

手洗い「踏み洗い」をお勧めしております。
タライや風呂にぬるま湯か水を張り汗やヨゴレを落とす程度で充分ですが、洗剤をお使いになりたい場合は必ず中性の液体洗剤(漂白剤等の入っていない物)をご利用ください。その後良く洗剤を濯ぎ道衣の場合は裏返しにして陰干ししてください。

※藍染の場合:水やぬるま湯などに10分以上浸さないで下さい。(特に新しい物)理由として正藍染めは菌の栄養分として「ふすま(でんぷんのり)」を使用する為、また、自然に備わっている綿糸についている綿ロウなどが長時間浸け込むと溶け出し乾いた時に白くまだらに残ることがあります。特に平織り(袴)の場合は目立つ為充分に注意してください。

洗濯機をお使いいただく場合:ぬるま湯か水をいれ「手洗いモード」にて洗ってください。この時水流の中を自由に動けるように少量の衣料に対し充分な水量にしてください。
その後軽く脱水をした後、陰干しをしてください。(絶対に乾燥機は使わないで下さい)
注:藍染の商品は洗濯機で洗うと同じ部分だけこすれ、洗いムラ等の原因になる事があります。

■おすすめ洗剤
●竹炭・竹炭灰のミネラル成分が汚れ・臭いを落とします。【道衣・袴用洗剤「竹ウォッシュ」】


■色落ち防止にはこちら
●新しい道衣・袴を濃いままに、新品の道衣・袴の色落ちを遅らせることができます。【藍止】