トップページ  »  剣道Q&A  »  道衣・袴について

Q & A

道衣・袴について

栄光武道具をご利用のお客様のよくある質問を集めました。 ご購入の際に何か分からない事がありましたら、まずはここをご覧下さい。


サイズが合わなかった場合はどうすれば?

商品の到着後サイズ等があわない場合は全て当社で調整いたしますので、当社「管理・修理センター」迄ご連絡の上お送りください。(返品は未使用の物のみになります。使用後は返品をお受け出来ませんのでご注意ください。)
お客様の方でサイズ指定・刺繍の指定をして刺繍の入った商品など、お客様のご都合による返品、他の商品への交換はお受け出来かねます。



道衣と袴にはどんな種類がありますか?

大きく分けると道衣は綿のものとジャージのような化繊の物があります。
袴も綿の物と一般的にテトロン袴と呼ばれる化繊の物があります。



道衣の一重と二重ってなんですか?

刺し子生地に裏地が付いているものが二重(二剣とも呼ぶ)、裏地が付いていないものを一重(一剣とも呼ぶ)と言います。一般的に一重の方が二重よりも薄く軽いです。



綿袴の8,000番とか10,000番とかってどんな意味がありますか?

袴生地の番手は、1インチ角(約2.54cm角)への木綿糸の打ち込み数を指します。


打ち込み数が5000であれば5000番、8000であれば8000番、10000であれば10000番とされます。

特徴をいうと、
番手が低いと軽くて柔らかい生地になります。
その反面番手が高い生地に比べてヒダが消えやすかったり、生地自体の強度は落ちます。
番手が高くなると重くなりますがヒダが消えにくく長く使える強い生地となります。
新しいうちは若干ごわつく感はありますが、使っていくほどに柔らかくなっていきます。
ただし番手も糸の種類や染めで変わってくるので数字だけで一概にはいえません。



袴サイズの選び方をえて下さい。

袴のサイズって25号とか26号とありますが
あれは正式にはそのまま長さの表記で、25号は2尺5寸という事です。
 
ただし寸法は着物などを作る際に使う「鯨尺」という寸法を使っています。「鯨尺」の1寸は3.8です。
袴の長さを計る位置は前の帯下から裾まで(帯は含まないという事デス)
25号は25×3.8で95。26号は26×3.8で98.8となります。
 
番手同様メーカーによって異なる事もありますが、基本はそのような決まりです。
ちなみに先ほどの反物も1尺幅は38です。
「鯨尺ってどうして鯨なの?」と思う方もいらっしゃる方もいるでしょう?
それは着物を仕立てるのにしなやかな物差しを鯨のヒゲで作ったからです。



道衣、袴の洗濯ってどうすればいいの?

手洗い「踏み洗い」をお勧めしております。
タライや風呂にぬるま湯か水を張り汗やヨゴレを落とす程度で充分ですが、洗剤をお使いになりたい場合は必ず中性の液体洗剤(漂白剤等の入っていない物)をご利用ください。その後良く洗剤を濯ぎ道衣の場合は裏返しにして陰干ししてください。

※藍染の場合:水やぬるま湯などに10分以上浸さないで下さい。(特に新しい物)理由として正藍染めは菌の栄養分として「ふすま(でんぷんのり)」を使用する為、また、自然に備わっている綿糸についている綿ロウなどが長時間浸け込むと溶け出し乾いた時に白くまだらに残ることがあります。特に平織り(袴)の場合は目立つ為充分に注意してください。

洗濯機をお使いいただく場合:ぬるま湯か水をいれ「手洗いモード」にて洗ってください。この時水流の中を自由に動けるように少量の衣料に対し充分な水量にしてください。
その後軽く脱水をした後、陰干しをしてください。(絶対に乾燥機は使わないで下さい)
注:藍染の商品は洗濯機で洗うと同じ部分だけこすれ、洗いムラ等の原因になる事があります。

■おすすめ洗剤
●竹炭・竹炭灰のミネラル成分が汚れ・臭いを落とします。【道衣・袴用洗剤「竹ウォッシュ」】


■色落ち防止にはこちら
●新しい道衣・袴を濃いままに、新品の道衣・袴の色落ちを遅らせることができます。【藍止】