剣闘士トシの最近のブログ記事

栄光武道具日本製防具 2

| コメント(0) | トラックバック(0)
先月号の剣道日本は読んで頂けましたでしょうか?

栄光武道具久慈の職人さん達との共同制作の剣道具を楽しみにしていてください
現在サンプル品サンプル品から製造を始めていますので、来月には各店舗にてご覧頂けると思います。

面にしも甲手にしてもやはり長年にわたり研究し続けた歴史を体感できると思います。

そして今月号にも栄光武道具にまた協力して頂ける職人さんが紹介されています。

千葉の市川にある米倉武道具さんです。

師匠にあたる悟道さんから甲手作りを教わり、甲手一筋の甲手師。

自信のブランド銘の甲手だけでは無く様々な国産甲手を引き受けるこちらも一流の甲手職人です。
「ただし、非常に気難しいく拘りの強い人ですので此処では猛獣注意!とだけご紹介いたします(^^)」

まぁ、こんな感じでご紹介出来るので私とは非常に上手く行っていますけどね(^^)

また、米倉さんのお母様も悟道さんと共に働いてきた一流の職人さんで米倉さんの師匠でもあります。

今月の剣道日本1月号には米倉さんの甲手作りの拘りや甲手作りに対しての思い、道具
また、材料などについても色々と詳細が書かれておりますので是非ご覧ください。

私もこの業界に入って既に20年・・・毎日毎日 早朝から夜中まで胴を綴じたり、甲手の手の内交換をしたりと
今では、針を持つ回数も減ってきましたが、物作りはやは楽しく素晴らしいと思います。
そんな魔法の手を持つ職人さん達が一緒に仕事に携わってくれる事に改めて感謝感激です!

また、職人さんだけでは無い仲間?も今月号には二人紹介されています。

こちらは栄光武道具では無いのですが、剣道具の卸しを担う営業部署

その名も「眞仁(シンジン」 こちらの部署で福岡を中心として西日本エリアの営業活動をする「花田」さん
それと東日本を担当する「奥野」さん

こちらも弊社と同じ海外工場での剣道具と日本製の防具を扱って行きます。

勿論、同じ工場とはいえ企画や仕様は栄光は栄光、眞仁は眞仁と異なり栄光と眞仁はお互いに切磋琢磨して良きライバルとしてやっていきます。
但し、両社とも本当に良い製品を絶対の信頼感を得られる商品を。という事は一致しておりますので
地元のご贔屓にしている剣道具屋さんから買いたいんだけど等のお客様は是非「眞仁」の扱う剣道具を地元の小売店さんに取り寄せて頂いてご覧ください。 

それともう一つ、眞仁の部分の記事にも書かれていますが弊社の海外工場はフィリピンにあります。
以外かもしれませんが、ここで少し剣道具製造の歴史を・・・

興味が無い方も居るかもしれませんので、ここは読み捨てて下さい。)

以前、防具は勿論日本で主に製造されていました。(現在の国産防具工場は主に岩手と宮崎) しかし工賃が上がり韓国へ。
その後、韓国での人件費も上がり同じ韓国語を話す中国の地域に防具の工場を移してきました。
現在も中国は剣道具の生産量では一番ですが、幾つかの工場は既にベトナムやミャンマーなんかにも移設しています。

ここで問題になったのが韓国に渡るまではまだ日本の作りが残っていたのですが中国に移行してからは生産量を上げる為に
元来の高品質の防具を生産する事が出来なくなった工場が幾つか出てきます。
すると価格競争に敗れ製品を買ってくれなくなった工場も続く様に生産体制を上げざるを得ません
勿論、全ての工場とは言いません。品質を守った工場もあるとは思います。

話しを元のフィリピン工場へ戻しますと、この工場は祖父の時代から日本で剣道具の製造を営んでいた職人が他社と同じ様に一度
韓国に工場を移動しました。
その後が他社と異なる所なのですが、この工場は多くの工場が中国に移動する中で唯一フィリピンを選んだのです
、日本の技術が廃れる事無く意外な土地で昔ながらの生産方法で作られています。
いまはこの工場では生産していませんがかつては様々な会社の有名ブランドも以前はこの工場製品です
しかし今から3年前、剣道日本の記事内にもありますが他社との価格競争に敗れ一度倒産
その後、現在の工場社長と栄光武道具とで規模を小さくしながらも高品質の防具製造工場として再起しました。


以上の様な経緯からこの工場が現在栄光武道具・眞仁の剣道具を作る工場として細々と頑張っています。


長くなりましたが、栄光武道具は間もなく年末年始の大セール。

今後とも皆様のご期待に添える様に、また期待を超える事が出来る様に一丸となって参りますので宜しくお願い致します。

また、ご意見ご希望等もinfo@eikobudoguまでお寄せ頂ければ幸いです。
yonekura1.jpg
yonekura2.jpg




栄光武道具日本製防具

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近 急に冷え込んできましたね。
道場の床もこれからドンドンと冷たくなってくる季節

皆さんお身体には充分にご自愛ください。

長文で失礼します。

今月号の剣道日本はもう読まれましたか?
栄光武道具の記事が掲載されています。

今回、場所は剣道具の生産地としては有名な岩手県は久慈市の剣道具職人さん達と共に取材を受けました
久慈市はもともと縫製技術の進んだ土地で様々な縫製加工で有名な土地でした。
その後、久慈市出身の柔道十段の三船久蔵の影響もあり、柔道着の縫製が盛んな場所になったわけです。
そしてその縫製技術の高さから剣道具の生産場所になってきたという歴史があります。

今は大手の剣道具メーカーさんの日本武道具製造さんや七星さんといった素晴らしい剣道具を作る工場もこちらに御座います。

私達が今回取材を共に受けた職人さん達ですはこのどちらのメーカーさんにも所属せず、各個人でより良い剣道具を製造していきたいと志高く、人間性も素晴らしい方々とご一緒させて頂きました。

この素晴らしい出会いを繋げて下さった方には感謝の念でいっぱいです。

この職人さん達と会った時から非常に気さくで良い剣道具を作る事に非常に純粋で直ぐに意気投合しこの方々に防具を作って頂きたい!という気持ちに直ぐになりました。
また、完成した製品を使用したところ見た目だけでは無く使用感もやはり一流です。

しかしながら、雑誌記事にも御座いますが、これだけ良い仕事、高い志がありながら彼らの仕事量は正直充分とは言えないのが現実です。

私達、栄光武道具も海外に専属工場を持っていますが、やはり剣道具は永く大切に使って頂きたい。
言い過ぎかも知れませんが、自分の分身の様な気持で扱って頂きたいを考えています。

勿論、消耗の激しい学生や機動隊特練の方々はそうもいかないかもしれません。
使い潰す剣道具もあっても良いとは思います。

しかし、やはり剣道をする者としては一つ大切に永く使用して居頂く剣道具を持って頂きたいと考えています。
そしてその防具は作り手と使い手の心がこもったものが望ましいのでは?と、

今の剣道具は中国やベトナム等に技術が流れ、また品質よりも生産量といった体制になっている事は否めません。
技術は徐々に失われ、昔から培われた技術は一度荒れれば取り戻す事は非常に困難です。

私達の海外工場でもその技術が失われない様に手間がかかっても確かな製品作りをモットーに製造しております。
コスト面では正直厳しいのですが、守るものは伝統です。

また、今回取材に協力して下さった職人さん達はもっとそれ以上に長年の経験を技術をもっている方々です。
日本に確かな職人さんが居ながら海外製の安価な剣道具が市場に出回り彼らの存在・技術を知る人が少なくなって来ています。
今まで職人さんはあまり表には出ない存在でした。
それは日本のメーカーさんが彼らを抱え、表に出すと面倒だった。という事もあるのでしょう。

非常にありがたい事に、協力頂いた職人さん達は今まで裏方でやってきた事から私達と共に取材を受けて頂き
また、彼らの技術を世の中に知って頂く為に表に出て下さいました。

正直、職人さん達をないがしろにし、仕事が無く工賃も安いとなれば彼らの培ってきた技術は次の世代には引き継がれないでしょう。

私も剣道家として剣道具あっての剣道だと思います。

是非、彼らの仕事・剣道具を手にとってご覧いただければと思います。

来月には職人さん達と栄光武道具と共同企画の剣道具をご紹介出来る様にしておりますのでご期待ください。


scan-137.jpg
syokunin1.jpg
syokunin2.jpg



道場だ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆様 こんにちは

間所(兄)です

実はとっても急な事でしたが、道場(床だけ?)が完成致しました
竜巻から早4年・・・

忘れもしない9月2日。 一度は地獄に落ちた様な感覚にも成りましたが
沢山のお客様に支えられ、また社員達の頑張りもあり、この度もう一度栄光武道具本社うら倉庫に道場を作る事が
出来ました!

以前の様には行きませんが、とりあえず床があれば剣道は出来ます!

本当に嬉しい限りです。 が、やっぱり暑い暑い。。。

僕はとても自分に優しいのでどうしてもクーラーは欲しい、この年齢になると気合いだとか根性だとか言ってられません
先ずは熱中症や脱水症状にならない様にしなければいけません。

しかし、この道場は裏の倉庫の半分を利用していますので倉庫全体を冷やすとなるとクーラーだって馬鹿デカイのが
必要です。

今直ぐにそこに投資はできませんので今年は心頭滅却すればなんちゃらかんちゃらを信じて稽古に励もうと思います

そしてもう一つ問題が。。。

急な作業でしたので荷物を二階部分に一部非難させたのですが、、、
フォークリフトが入れない・・・・

もう頭が真っ白です! ってか少し考えれば解る事をあえて考えないという選択肢・・・

幸いにも外から回れば窓から出せる!と平然を装っていましたが、本気で焦りました

まぁ、兎にも角にもこれで稽古が出来る環境にはなりました

また、素敵な仲間達と楽しい稽古が出来ます(^^)

子供達の自主練習もできます。

本当に皆様のお蔭です

ありがとうございます

今度、越谷店にご来店の際には是非よっていってくださいね



IMG_1145.JPG


googleマップで!

| コメント(0) | トラックバック(0)
お久しぶりです。

剣闘士トシこと間所俊晴です!

だったら本名で書けよ!っというツッコミはやめてください。。

先日、googleさんの新しいサービスでgoogleストリートビューからお店の中にまで入れて見れちゃうというものが
あるというのを知り(もちろん有料ですが・・)さっそく栄光武道具もお願いしました

遠方の方でいつもはWEBでご注文されているお客様や通常はどこかの店舗だけしか行かないんだけど
栄光武道具の他の店舗ってどうなってるのかなぁ?なんて方にも是非見て頂きたいです

ネットで「栄光武道具」で検索してくださいませ

かなり画像もクリアで商品も綺麗に撮れていますよ!

↓ 下の写真は越谷店の2階になります店舗部分です。この他にも外観や3階の修理センターなんかも見る事が
  出来ます。


koshigaya.jpg

撮影にあたり越谷は店長がいつも整理整頓にうるさいので比較的綺麗ですが、大宮店と上野店はいつもバタバタと忙しく
場所が狭いので大慌てで片づけた様です(^^)

こんどお客様が各店に行ってゴチャゴチャで汚くなっていたら「あれっ?随分とネットで見た景色と違うねぇ」
なんて皮肉ってうやってください!

本当に今の技術っていうのは大したもんですね
全然オジサンの自分は付いていけそうにありません


最後に栄光武道具の店舗の画像は見えますが、栄光のスタッフは映っていません。
栄光武道具の1番の売りは良い商品と最高のスタッフですので是非 栄光のスタッフに会いにきてください

これからも宜しくお願い致します



いよいよ年末年始大セール明日15日をもって終了となります。

今回のセールは例年よりも沢山のお客様にご来店ご注文頂き誠にありがとうございました

今後もお客様方のご期待に応えられるよう常に勉強し、より良い剣道具作りをしていきます

栄光武道具も本年は様々な営業活動や新商品の開発が予定されており更に邁進していく年になると思いますので
今後とも御愛好の程宜しくお願い致します

また、明日の15日は午後3時をもって全店終了となりますのでどうかご容赦ください

宜しくお願い致します



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

<< 2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

  • アウトレット2014 5mmミシン刺
    • 5mm ミシン刺 面
    • 5mm ミシン刺 甲手
  • アウトレット2014 赤蜻蛉
    • 赤蜻蛉 面
    • 赤蜻蛉 甲手
    • 赤蜻蛉 垂
  • アウトレット2014 面
  • アウトレット2014 甲手
  • アウトレット2014 胴
  • アウトレット2014 垂
  • BAK防具 (2)
  • 蜻蛉防具袋・竹刀袋 (1)

最近のコメント

月別 アーカイブ

QRコードはこちら

剣道具・剣道防具の栄光武道具
オフィシャルサイトはこちら